SCHEDULE

9/20(Fri) クイーンズスクエア横浜 1Fクイーンズサークル

16:15-17:20 横浜市消防音楽隊

横浜市消防音楽隊

横浜市消防音楽隊は、横浜開港100周年・市政70周年を記念して創設され、昨年60周年を迎えました。また、「演奏もできる女性ドリルチーム」として誕生したポートエンジェルス119(いちいちきゅう)は、横浜市民をはじめ、広く親しまれています。
61年目を迎える今年は、「START61(スタートシックスティワン)」をキャッチフレーズに、新たなチャレンジにより、工夫を凝らした魅力ある演奏と防災広報活動を充実させていくと供に、横浜音祭り2019やラグビーワールドカップ2019TMなどでも音楽を通じ横浜の街を盛り上げていきます。

中学校吹奏楽部

横浜音祭り2019の次世代育成事業の一環として、6月~10月にかけて横浜市消防音楽隊が市内の中学校吹奏楽部を訪問し、直接指導を行うワークショップを実施。ワークショップを受講した中学校吹奏楽部が、その成果を皆さんの前で披露します。是非、各校の渾身の演奏をお楽しみに!
16:15〜16:30 横浜市消防音楽隊
16:40〜16:55 私立日本大学中学校
17:05〜17:20 南瀬谷中学校

ヤン・ヴァン=デル=ロースト
ヤン・ヴァン=デル=ロースト
(Jan Van der Roost)

ベルギーの作曲家。作品はすでに世界50ヶ国以上で演奏、録音されており、自らの音楽活動は5大陸、40ヶ国以上に及ぶ。また、ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本、シンガポールからの委嘱依頼を含め、テレビ、ラジオ放映やCDリリースも多数なされている。
現在はレメンス音楽院(ベルギー)で教鞭をとり、名古屋芸術大学の名誉教授と洗足学園音楽大学の客員教授、尚美ミュージックカレッジ専門学校で特別客員教授を務める。

横浜音祭りファンファーレ

「横浜音祭り2013」開催にあたり、吹奏楽発祥の地である横浜にちなんで、多くの吹奏楽曲を手掛けているヤン・ヴァン=デル=ロースト氏に、高校生バンドや市民バンドが演奏できるような楽曲を依頼しました。
曲中には「YOKOHAMA」というアルファベットを音階にあてはめた、メロディが折り込まれており、横浜の名前がさらに世界中に広がるようにという願いが込められています。