『横浜音祭り2016』公募サポート事業について

2016.03.01

『横浜音祭り2016』は、横浜の「街」そのものを舞台としたオールジャンルの音楽フェスティバルです。
一緒に盛り上げてくださる音楽イベント(事業)を募集しています!

方法は2つ!


◆パートナー事業

公式ホームページ・SNS等での紹介やチラシ配架など、広報での連携を行います。
詳しくは、こちらをご覧ください。

『横浜音祭り2016』パートナー事業募集開始!(募集締切:11月4日(金)まで)

◆公募サポート事業

広報での連携に加えて、事業費の一部を補助(最大30万円)します。
公募サポート事業概要
申請書類一式
「パートナー事業」「公募サポート事業」応募説明会


公募サポート事業概要

1 対象となる事業
(1)「音楽・音」を含んだ事業であること。
 ※クラシック、JAZZ、ポップス、日本伝統音楽などの音楽に限らず、音という要素を含むオールジャンルの事業が対象です。
(2)平成28年9月22日(木・祝)?11月27日(日)に横浜市内で実施する事業であること。
(3)概ね横浜市の行政区以上を対象とした事業であること。
(4)市民参加もしくは次世代育成を実施目的として掲げる事業のうち、スーパーユニバーサルの内容を含んでいること。
(5)横浜音祭り2016の開催に合わせ、新規に実施する事業または、拡充する事業であること。
(6)実施会場の確保が見込まれていること。
(7)次のいずれにも該当しない事業
 ア 横浜市又は国県他行政から補助金、助成金、その他資金援助等を受けている事業
 イ 営利を目的とする事業
 ウ 特定の政党、その他の政治団体及び特定の宗教、宗派、教団等の活動を目的とした事業または利害に関する事業
 エ 特定の個人及び団体を対象とした事業
 オ 公序良俗に反する等、補助対象として適当でないと認められる事業

2 対象者
法人または団体(任意団体を含む)
※団体規約等を有し、団体の意思決定及び執行する組織が確立され、自ら経理を行う会計組織を有していること。

3 サポート内容
審査のうえ、選考された事業に、次のサポートを行います。
(1)補助金の交付
補助対象経費の2分の1または30万円のいずれか低い額を上限
※補助対象経費は、「横浜音祭り2016 公募サポート事業補助金交付要綱 別表1」を参照。
(交際費、接待費、打合せ、打ち上げ等の飲食費、事務所備品購入費、事務所の維持管理費等は対象外です。)
(2)広報協力
横浜音祭り2016の公式ホームページへの掲載、SNSでの発信など

4 応募書類
(1)横浜音祭り2016公募サポート事業補助金交付申請書(様式1)
(2)事業計画書(様式1添付書類)
(3)収支予算書(様式1添付書類)
(4)規約、会則その他これらに類するもの
(5)団体の役員名簿。法人においては申請日から3ヶ月以内に発行された登記事項証明書

5 決定方法
横浜音祭り2016公募サポート事業補助金審査委員会での審査にて決定します。
※審査結果は、採否に関わらず申請者すべてに書面にて通知します。

6 評価ポイント
次の6項目を重視します。
(1)市民が主体となって行う、市民が出演するなど、市民参加の要素が含まれているか
(2)子どもや若者に発表や鑑賞の機会を提供するなど、次世代育成の要素が含まれているか
(3)初開催・市内初開催といった「新規事業」、または既存の事業に音楽や音の要素を新たに盛り込む、増やすといった「拡充事業」にあたるか
(4)事業の実施に当たっての広報計画を有しているか、またその広報計画に実効性があるか
(5)集客または動員目標が適正で、達成できるか
(6)収支予算及び経費の積算が適切であるか

7 補助金交付にあたって
(1)実施事業の広報に当たり制作されるもの(チラシ、HP等)については、次の内容を必ず掲載していください。
 ア  横浜音祭り2016のロゴマーク
 イ 「共催 横浜アーツフェスティバル実行委員会」というクレジット
 ウ 「横浜アーツフェスティバル実行委員会 公募サポート事業」の文言
(2)事業終了後30日以内に「横浜音祭り2016公募サポート事業完了報告書」(様式10)を提出してください。
(3)「横浜音祭り2016公募サポート事業補助金交付要綱」に定める事項を遵守してください。

【!注意!】補助金の交付決定について

補助金交付は、事業が完了し、事業完了報告書類を受領後、審査を経て最終確定となります。
収支決算や事業内容に大きな変更や修正が生じている場合は、当初決定した金額から減額又は不交付となる場合があります。

【情報公開・個人情報の取扱いについて】
公募サポート事業への申請内容の一部は、「横浜市の保有する情報の公開に関する条例」に基づき、情報公開の対象となることがあります。また、申請者から取得した個人情報については、審査及び申請者への連絡のために使用します。

8 応募方法・応募先
(1)応募方法
提出書類一式を下記よりダウンロードのうえ、必要事項を記入し、5月31日(火)17時までに、持参または郵送にてご提出ください(Eメール・FAX不可)
※必ず募集要項等をご確認のうえ、ご応募ください。
※交付要綱及び申請書等の様式は、横浜アーツフェスティバル実行委員会事務局でも入手できます。
※本申請に要した費用は、申請者の負担とします。また、提出書類・資料は返却しません。
(2)応募先
横浜アーツフェスティバル実行委員会事務局 「公募サポート事業」担当 宛
〒231-0015 横浜市中区尾上町1―8 関内新井ビル6階(横浜市文化観光局文化プログラム推進課内)
【お問合せ】TEL:045-663-1365(受付:平日9時?17時)


申請書類一式
横浜音祭り2016公募サポート事業募集要項(PDF:691KB)
横浜音祭り2016公募サポート事業補助金交付要綱(PDF:198KB)
横浜音祭り2016 公募サポート事業補助金交付要綱 別表1(PDF:198KB)
■各種様式(様式1 14) Word(69KB) PDF(297KB) 資金計画書(Excel)

※含まれる書類
・補助金交付申請書(様式1)
記入例(PDF:119KB)
事業計画書(Excel様式1 添付資料)
記入例(PDF:170KB)
収支予算書(Excel様式1 添付資料)
記入例(PDF:87KB)
・補助金交付申請内容変更(取下げ)届出書(様式2)
・補助金交付申請取下書(様式4)
・計画変更承認申請書(様式5)
・中止・廃止承認申請書(様式8)
・事業完了報告書(様式10)
事業実績報告書(Excel様式10 添付資料)
収支決算書(Excel添付10 添付資料)
・補助金請求書(様式12)
・補助金概算払請求書(様式13)
・理由書(様式13 添付書類)
・補助金に係る消費税等仕入控除額確定報告書(様式14)

よくあるご質問(FAQ)(PDF:254KB) 2016.03.01時点


「パートナー事業」「公募サポート事業」応募説明会
「横浜音祭り2016」の開催概要や、「パートナー事業」「公募サポート事業」への応募方法・手続きの流れなどのご説明しますので、応募を検討している方はぜひご参加ください。
※申込不要。全説明会、同内容となります。(応募にあたっては、説明会への御参加は必須ではありません。)

■港南区会場
日時:5月13日(金)18:30?20:00
会場:ウィリング横浜 11階会議室2 (港南区上大岡西1-6-1ゆめおおおかオフィスタワー内)
★市営地下鉄ブルーライン・京浜急行「上大岡」駅下車 徒歩3分

■旭区会場
日時:5月13日(金)18:30?20:00
会場:旭区民文化センター サンハート ミーティングルームA (旭区二俣川1-3二俣川ライフ5階)
★相鉄線「二俣川」駅下車 駅直結

■神奈川区会場
日時:5月15日(日)10:15?11:45
会場:かながわ県民センター 306会議室 (神奈川区鶴屋町2-24-2)
★「横浜」駅下車 西口・きた西口 徒歩5分

【注意事項】

横浜音祭り2016は、平成28年度予算が横浜市議会において議決されることを停止条件とする事業です。予算が議決されないときは、事業として成立しません。