横浜音祭り

横浜音祭り2019「日英交流年 UK in Japan 2019-20」参加企画 スコティッシュ・アンサンブル&アンナ・メレディス Anno

この公演について-About-

「痛むほどに、ほろ苦い美しさ。そして、激しく息をのむ作品」

バロック音楽で最も知られたヴァイオリン協奏曲の傑作、ヴィヴァルディの「四季」を、英国の現代作曲家アンナ・メレディスが新たな作品「Anno」に生まれ変わらせました。「四季」の豊かな弦楽合奏の音楽に、メレディスの独創的な音楽が盛り込みながら、私たち21世紀の新たな「1年」を描きます。英国を代表する弦楽アンサンブル、スコティッシュ・アンサンブル(今回のツアーが初来日)が委嘱した作品。さらにエレクトロニクスやサウンドエフェクトなどが加わり、英国の弦楽合奏らしい温もりと、個々の優秀な奏者の技術、そして多彩な表現力をお楽しみください。アンナ・メレディスの妹、映像作家のエレノア・メレディスが生み出したカラフルな映像が、客席を取り囲むように配置されるスクリーンに投影されます。
※「Anno」はラテン語で「年」の意味。1時間で描かれる現代の私たちの1年間。2016年のロンドンでの初演以降、多くの批評家が賞賛しています。「痛むほどに美しく、ほろ苦い美しさ。激しく息をのむ作品」
また、アンナ・メレディスは世界最大の文化フェスティバルであるエジンバラ国際フェスティバル2018のオープニングイベント「5通の電報」の壮大な音楽を作曲しました。

スコティッシュ・アンサンブル

Scottish Ensemble

弦楽合奏のあり方を再定義する合奏団、スコティッシュ・アンサンブル(S.E.)は、力強く、魅力的で、貴重な体験を超越する刺激的な演奏により英国の観客を魅了している。英国を代表するこの弦楽合奏団は、グラスゴーに本拠地を置き、芸術監督であるジョナサン・モートンの下、理解ある素晴らしい弦楽奏者を中心に構成されている。
スコティッシュ・アンサンブルはジョン・タブナー、ジェームズ・マクミラン、サリー・ビーミッシュ、マーティン・サックリング、アンナ・メレディス等の作曲家に新たな作品をここ数年、委嘱している。また、トランペット奏者のアリソン・バルサム、メゾソプラノ歌手のサラ・コノリー、チェロ奏者のピーター・ウィスペルウェイ、そしてヴァイオリン奏者のパトリツィア・コパチンスカヤや二コラ・ベネデッティ等のゲストアーティストを招いている。
スコットランド各地での演奏に加えて、スコティッシュ・アンサンブルはロンドンのウィグモア・ホールで毎年コンサートを開催し、BBCプロムスやエジンバラ国際フェスティバル、オールドバラ音楽祭、聖マグナス・フェスティバルなどにも出演。海外では、台湾、中国、ブラジル、アメリカ、その他欧州各国に遠征している。今回が初来日となる。

アンナ・メレディス

Anna Meredith

アンナ・メレディスは、新しいクラシック音楽及び電子音楽双方における最も野心的な作曲家の一人。現代音楽、アヴァン・ポップ、電子音楽と実験音楽流ロックの世界にまたがり、その音楽はBBCラジオ1、2、3、4および6で放送されている。クラッシック分野での功績は、BBCスコティッシュ交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスを務めるなどイギリスでは広く知られている。昨年に「もしもしレコーズ」から発売されたデビューアルバムである「Varmints」で国内の音楽雑誌記者や作曲家、ファンに興奮の渦を巻き起こし、評論家やファンの称賛が瞬く間に広がった。
その作品は、ザ・ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムスからラティチュード・フェスティバル、プラダのファッションショーから高速道路のサービスエリアでのフラッシュモブ演奏まで多面にわたるイベントで、名立たるオーケストラや合奏団による演奏が行われている。

プログラム-Program-

Anno/「四季」
「春」
01. Solstice - Light In
02. Dawn
03. Birds
04. Meadow
05. Stoop
「夏」
06. Heat
07. Haze
08. Thunder
「秋」
09. Bloom
10. Slumber
11. Stillness
12. Chase
「冬」
13. Low Light
14. Ice
15. Embers
16. Solstice - Light Out


作曲者 Composer Anna Meredith
ビジュアルアーティスト Visual artist Eleanor Meredith
ソロバイオリン Solo violin Jonathan Morton
照明・舞台設計 Lighting and environment design    DO Architecture
音響設計 Sound design Sound Intermedia
進行監督  Movement director Matthew Lenton
アニメーションアシスタント Animation assistant Batuhan Bintas
写真・映像制作 Photographer and filmmaker Hugh Carswell
Anno was co-commissioned by Scottish Ensemble and Spitalfields Music and supported by
Creative Scotland, the Radcliffe Trust and RVW Trust.

日時・会場-Schedule/Place-

13:00 ~/ 15:00~/ 19:00~ 開演

横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

※各公演とも開場は開演30分前
※休憩なし、上演時間60分
マップアプリで見る Map App

チケット-Tickets-

横浜市民先行受付 5月11日 (土)

~21日(火)

一般発売6月1日(土)

チケット 自由席 4,000円(税込)
  • ※ 学生(25歳以下)・障害者手帳をお持ちの方:各席種10%割引
  • ※ 障害者手帳をお持ちの方の割引は、横浜音祭りチケットセンター(045-453-5080)のみ取扱い
  • ※ 車椅子の方は、横浜音祭りチケットセンター(045-453-5080)へお申込みください。
  • ※ 未就学のお子さまのご入場はご遠慮ください。

横浜音祭りチケットセンター

TEL.045-453-5080( 神奈川芸術協会内)
平日10:00~18:00 / 土曜10:00~15:00( 日曜・祝日休)

チケットを購入するBuy Tickets
チケットぴあ
https://t.pia.jp/(Pコード:149-168)
TEL.0570-02-9999
チケットを購入するBuy Tickets